もみほぐし店(マッサージ店)で疲れを本気で取りたいなら3つのやるべきこと

こんにちは、オーナーセラピストの住吉です。
今回は、もみほぐし店で疲れを本気で取るためにやった方がいい事を、日本リンパ協会講師でもある私のプロ目線でお伝えしたいと思います。

セラピストは魔法使いじゃない

皆さんは、もみほぐし店(マッサージ店)にはどんなタイミングで行きますか?
「最近疲れが溜まっているな!」とか「あちこちコリまくっているな!」とか「ずっとダルさが続いているな!」など疲労やコリが蓄積されたと実感した時に駆け込まれる方が大半ではないでしょうか?
そして「とにかく強くもんで!」と言っていませんか?実は強くもんでもらうだけではコリはほぐれません。

▽▼▽もみほぐしに関する関連記事▽▼▽

体はお茶、ジュース、コーヒーでは出来ていない

強くもんでもらうだけではコリはほぐれないならどうすれば良いのか・・・。体の事を良く考えてみてください。一度自分で体を触ってみてください。
皮膚は柔らかいですか?硬いですか?カサカサですか?しっとりしていますか?解剖学的なお話になってしまいますが、人間の体の細胞のおはなし。
人間の体は約60兆個の細胞で成り立っています。そして、人間の体は約60%が水分で出来ています。そもそも、その体の水分ってお茶で出来ていますか?それともコーヒーで出来ていますか?当然ながら水ですよね?「喉が乾いた!」って時に皆さんは何を飲みますか?「喉が乾いた!」って信号は、細胞が水分減って来ましたよ!って教えてくれている大事なサインなんです。今、駅に行けばたくさんのカフェがあります。カフェではセルフサービスの水ですが、昔ながらの喫茶店へ行くと「いらっしゃいませ」と、お冷が真っ先にきますよね?

あれは、昔の人の大切な知恵なんです。コーヒーもお茶もカフェインが入っています。利尿作用が働き、飲んだ分以上に尿で水分が体外へ出てしまうので、減った水分を補うためにお冷なんです。つまり!水は生命には欠かせない飲み物です。もうお分かりですね?体に1番必要な水分。それは「水」です。その水を飲まない方は、疲労の限界で、もみほぐし店に駆け込まれた時には、カラカラ、ドロドロで、もんでももんでもほぐれない状態ですので、ほぐれた実感欲しさにどんどん強くもまれたくなる訳です。

 

体の中の粗大ゴミ

疲れ、こり、の原因は様々です。寝不足だったり、忙しさだったり、運動不足や、冷え、とか血流が悪い、などいろいろあります。
血管の中を流れている血液は細胞に酸素や栄養を運んだり小型のゴミの回収まで行ってくれています。血管が運んで来れない疲労物質や老廃物などの大型ゴミの回収はリンパ管を流れるリンパ液が行ってくれます。リンパ液は体の中の下水道と思って下さい。その大型ゴミ、ヘドロまみれの汚水を徐々にフィルター的な役割のリンパ節で濾過(ろか)しながら最終的には鎖骨までやってきます。その左右の鎖骨の内側こそが人体最後の大きな排水溝と想像してください。その排水溝が詰まっていると汚水は流れずに溜まってしまいます。溜まらないようにするには、日々意識して動かす。または意識的に触るしかありません。女性だったら簡単な方法。それは、朝&晩のスキンケアの時に鎖骨まで塗ること。鎖骨の下、胸の上部を「デコルテ」と呼びます。『デコルテまでが顔』と、思ってスキンケアすれば人体最後の排水溝は詰まりのない、流れやすい状態が続きます。ここが詰まっているか流れやすい状態かで、もみほぐしにかかる時間が一気に変化いたします。男性の皆さんも是非、日々の髭剃りの時にアフターシェイブローションなどを使って、首や鎖骨まで触る習慣が付くと最高ですね。

冷えは万病の元

もうこれは聞いた事ない!って人はいないんじゃないでしょうか。とにかくそのまんまです。冷えている方はとにかくほぐれません。
「冷え性じゃないし!」って思っているあなたに質問です。毎日のお風呂。お風呂です。お風呂。1年通して毎日湯船に入って温まっていますか?それとも夏だけシャワー?それとも1年中シャワーのみですか?とにかく、毎日湯船に入らない方も、ほぐれません。入っている方!さすがです。脚、下半身は流れやすいんですよ。けれど、入ってます!って方に多いのが、首&肩のこりです。毎日湯船に入る方、お湯の量はどのくらいですか?半身浴がブームになってからか、またその前からかは分かりませんが、浅い方が多いです。首や肩がこりやすいのでしたら、是非喉元まで浸かって下さい。血圧が高い方は危険なので浅いままで結構ですが、血圧が高くないのなら是非、喉元(顎)まで浸かって温まってほしいものです。子供の頃を思い出してみて下さい。お母さんから『肩まで浸かって10数えてから出てきなさい!』って言われませんでした?あれって昭和だけなんですかね?本当に凄い知恵なんですよ。皆さんも是非、昔を思い出して肩まで浸かって10数えてからお風呂を出る習慣を。

まとめ

もみほぐし店(マッサージ店)に駆け込む前に意識することをまとめてみました。皆さんも是非、参考になさってみて下さい。
お金を払えば体は完璧な状態になる訳ではないのです。お金を払うのだからこそ、結果の出る状態にして行ってみてはいかがでしょうか?満足度が断然アップいたします。
強くもんでもらわなくてもほぐれる体へ。
セラピストも人間です。「強くもんで」は嫌われます。プロでも指は痛いです。
しかも、強くもむ事はお客様自身も辛いコリのスパイラルに陥るのでよくありません。
是非今回の記事を参考にマッサージ店へ行ってみてください。
当店ではこのような自宅で出来るケアのアドバイスをお客様のお悩みに合わせてアドバイスをさせていただいておりますので、是非当店にご来店ください。

もみほぐし店(マッサージ店)に駆け込む前の極意
・毎日湯船に浸かる。
・デコルテまでが顔。鎖骨周辺を触ろう。
・ほぐれる体づくりには水は必須。特に店に行く前と後の前後に500mlずつ飲めたら最高。飲んで出す!飲んで出やすくなるようにプロにもんでもらう。もうこれに尽きます。

▽▼▽この記事を読んだ方に人気の記事▽▼▽

。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚
赤羽駅徒歩1分
リンパ専門リラクゼーションサロン
Aju Lymph Relaxation 赤羽店
(アジュ リンパ リラクゼーション)
〒115−0055
東京都北区赤羽西1丁目40−2 田口ビル5階
TEL:03−3900−1184
。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP