これからの季節に!意外と知られていない紫外線のお話

こんにちは、伊藤です。
今日はこれらかの季節に気をつけたい紫外線対策のお話をしたいと思います。

お客様に日焼け止めちゃんと塗っていますか?とお聞きすると「日焼け止めを塗ると肌荒れするんです!」とか「肌荒れしているから日焼け止めを塗れないんです!」って方が多くて驚きます。中には「日焼け止めって夏しか塗りません!」って言うお客様がシミやソバカスのお悩みで当店で美白ケアをされていかれます。
美白ケアも勿論大切ですが、紫外線対策もとっても重要なんです。

 

意外と知られていない紫外線の危険性

紫外線はシミやそばかすシワの原因にもなるのは皆さんよくご存知かと思います。

この太陽光に含まれている「紫外線」、例えば真夏の昼間に1時間紫外線を浴びると表皮細胞1個あたりに約100万個もの傷を作ると言われています。
そして、シミやそばかすの原因となるだけではなく免疫力の低下やお肌の角質層から水分を奪って乾燥させてしまうことも・・・。

 

紫外線の種類は3種類

紫外線にはA波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)の3種類があります。
この中でUVCに関してはオゾン層に阻まれ地上には届かないので、皆さんが日頃浴びているのはUVAとUVBなのです。

 

肌の表面を傷つける紫外線B波

長時間日光にあたることで肌が真っ赤に焼けたり、ひどい時は水膨れができてしまったり・・・皆さん経験ありますよね?
これらの症状が紫外線B波の影響で起きるお肌のトラブルです。
この紫外線B波はエネルギーが強くまだ表面の細胞を傷つけたり炎症を起こすので皮膚ガンやシミの原因になりやすいです。
この紫外線B波は日傘を使うなど直射日光を避けることである程度防御できます。

 

肌の内側まで届く紫外線A波

意外と知られていないのがこの紫外線A波。
紫外線B波ほど肌に急激な変化を与えないのですが実はシミやシワの原因となるのがこの紫外線A波なんです。

この紫外線A波は肌の奥深くへ到達しじわじわと肌へ影響を及ぼします。

例えば、コラーゲンを変性させシワの原因になるなど長い時間をかけてお肌に悪影響を与えるのも紫外線A波の影響。

この紫外線A波はオゾン層を通り抜けやすく、先程の紫外線B波の約20倍地上に降り注いでいると言われており、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質があるので曇りの日も日当たりの良い屋内でも対策が必要になってきます。

 

意外と知られていない紫外線量のピーク

紫外線対策と聞くと、夏場だけの対策と思われがちですが実は先程お話した紫外線A波とB波で紫外線量のピークが違います。

夏場の日焼け対策としてのイメージが強い紫外線対策ですが、これは7月と8月は日焼けの原因になる紫外線B波がピークを迎えるからです。
そして、先程説明した紫外線A波のピークはというと4月から急激に増え5月がピークと言われています。しかも、この紫外線A波は紫外線が少ないと考えられる冬場でも一定量降り注いでいるため、年間を通して紫外線対策を行った方がいいと言えます。

SPFと PAってなに?

先程の紫外線A波とB波の両方をしっかりと対策するのに必要なのが「日焼け止め」。

この日焼け止めのSPAや PAって何の数値が正しく知ってますか?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で紫外線防止効果を意味します。
このSPFは紫外線B波を防ぐ効果の指標で数値が高いほど防ぐ効果が高く最大が50+(S P Fが51より大きい)と表示されます。

PAとは「Protection Grade of UVA」の略で紫外線A波を防ぐ効果の指標となっています。

こちらは+の数が多いほど紫外線A波を防ぐ効果が高く以前は「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが測定方法と表示方法の改定に伴い現在では「PA++++」を含む4段階となっています。

 

肌の老化に深く関係する「紫外線」

紫外線は肌の老化に深く関係してきます。これを「光老化」というのですが、例えば日光を浴びやすい手の甲の肌と日光をあまり浴びることのないお尻の肌を比べてみると、手の甲の肌はお尻に比べてシミやたるみが多くなっています。これこそが紫外線が肌の老化に深く関係されている証拠で、すぐに黒くなったり赤くなったりする症状よりも肌をエイジングさせてしまうことが紫外線の本当の怖さです。

この光老化は紫外線を浴びた時間に比例すると言われているので顔や手などの紫外線を浴びやすい肌の老化の原因の約8割は光老化にあると言われているほどなので、日焼け止めでしっかりと紫外線対策をしていきたいところ。

 

次回は紫外線対策の為の日焼け止めの塗り方についてお話をしたいと思います。

それでは、また。

【この記事のまとめ&ポイント】

紫外線A波・B波ってなに?
紫外線A波は肌の奥まで到達しジワジワと肌に影響を与え、シミやシワの原因となります。
紫外線B波は肌の表面を表面の細胞を傷つけたり炎症を起こすので皮膚ガンやシミの原因となります。
紫外線量のピークっていつ?
一般的には日焼けの元となる紫外線B波のピークの7月と8月のイメージがありますが、実は紫外線A波が4月から急激に増えて5月にピークに達します。
紫外線A波は冬場でも一定量降り注いでいる為、紫外線対策は年間を通して行うのがベストでしょう。
SPFやPAってなに?
SPFとは「Sun Protection Factor」の略で紫外線防止効果を意味します。
PAとは「Protection Grade of UVA」の略で紫外線A波を防ぐ効果の指標となっています。

 



赤羽最高級リラクゼーションサロン
Aju Lymph Relaxation (アジュ リンパ リラクゼーション)
〒115−0055
東京都北区赤羽西1丁目40−2 田口ビル5階
TEL:03−3900−1184

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP